「ラーメン屋台骨」は低コストで開業できる、ライセンス契約を採用しています。

コンビニなどで多く採用されているフランチャイズ契約は認知度が高いですが、ライセンス契約というビジネススタイルがあるのをご存知でしょうか?両者とも「ブランド力を使用して起業する」という点は同じですが、ロイヤリティの発生・起業コスト・自由度などは大きく違います。

「ラーメン屋台骨」は、フランチャイズより低コストで自由度の高いライセンス契約を採用しています。

フランチャイズ契約とライセンス契約

フランチャイズ契約は、本部は商品や経営ノウハウなどを加盟店に提供し、加盟店はその対価としてロイヤリティを支払うという契約です。契約後も継続的に経営指導にあたる形態を主とするスタイルです。

一方ライセンス契約は、ブランド力のある商標(ラーメン屋台骨の場合は、「宮崎豚骨ラーメン」)などがパッケージ化されたものを起業時に購入し、それを使用しながら自身が経営をするビジネスです。継続した経営指導はない一方で、ロイヤリティの発生がないので、低コストで起業・運営ができます。

フランチャイズ契約のメリットとデメリット。

フランチャイズ契約は、バックアップが充実しているというメリットがあります。本部から派遣されるスーパーバイザーのフォローや研修制度などがあり、経営ノウハウを一から学ぶことができます。その反面で、規則や毎月のロイヤリティの支払いなどがあり、経営の自由度は低めといえます。

ライセンス契約のメリットとデメリット。

ライセンス契約のメリットは、低コストで起業・運営でき、自由度が高いという点です。ブランド力のある商標を使用できる上、自身の裁量やノウハウで事業を行えます。デメリットとしては、フランチャイズ契約に対してバックアップやサポートが少ないという点があげられます。

「ラーメン屋台骨」のライセンス契約は、初心者でも安心して起業・運営できるシステム。

バックアップやサポートが少ないのがデメリットとしてあげられるライセンス契約ですが、「ラーメン屋台骨」のライセンス契約は、原価率や人件費を低く抑えるシステムを確立しているので、開業後も低リスクで安心して店舗を運営できるようになっています。

起業までにも、充実したサポートや研修があるので、低コスト・低リスクで起業したい人におすすめです。