低コストで開業!「ラーメン屋台骨」のライセンス契約

基本を忠実に守るラーメンで「宮崎の人気ラーメン」の地位を確立追加

基本を忠実に守ることで連日行列のできる人気店に

宮崎市中央卸売市場、市場商店街の中に「ラーメン屋台骨」の本店はあります。「飲み干したくなるスープの基本」「コシを感じる麺の基本」「ジューシーな餃子の基本」など、基本を忠実に守ることでおいしいラーメン屋を築こう。この想いから、基本=柱と捉え、「大黒柱」を意味する「屋台骨」を店名に据えました。

 

「基本を忠実に守る」というコンセプトのもと作り上げたラーメンは、2012年のオープン以来、多くの人々からおいしいと好評いただき、有難いことに連日行列ができる宮崎で知らない人はいないと言われるラーメン屋まで成長しましました。

強力な火力で一気に炊き上げ、豚骨の旨味を抽出したスープ

「ラーメン屋台骨」のおすすめは、スープです。毎日朝4時から仕込むスープは、血抜き、あく抜きを丁寧に行い、臭みを完全に取り除きます。そして強力な火力で一気に炊き上げることで、骨の髄に潜んでいる旨味まで抽出します。「下処理」→「炊く」→「濾す」というおいしいスープの基本を忠実に行ったスープは、「あっさりしているのにコクがありおいしい」と、幅広い世代から人気を得ています。

 

このこだわりのスープが「宮崎豚骨ラーメン」が広まった、一つのきっかけとなっていると自負しています。

製麺所で8年間学んだ代表が完成させた究極の麺

2006年に製麺所に入り、麺と粉について8年間働きながら学んだ代表の田中周作が研究を重ねた麺は、厳選した小麦粉とギリギリの水分で完成しています。ギリギリを攻めた挑戦的な麺ですが、昔ながらの製法「こねる」→「複合」→「熟成」→「切り出し」という、おいしい麺の基本は忠実に守っています。基本を大切にしながらも、おいしさの頂点へ向けて徹底的にこだわり続けるという姿勢が「ラーメン屋台骨」が多くの人から支持されている理由かもしれません。

朝市場から仕入れた野菜で作られた餃子はフレッシュ&ジューシー

餃子も「ラーメン屋台骨」の人気メニューです。その日の朝に市場から仕入れた新鮮な野菜で作る餡は、低速のミキサーにかけることによって旨味を引き出します。皮に使用する小麦は、希少価値の高いプライムハードを使用。皮そのものの味と食感を楽しめます。宮崎のおいしさがぎゅっとつまった餃子はフレッシュ&ジューシーで、何個でも食べられると人気です。

低コストで開業できる。フランチャイズ契約ではなく始めやすい「ラーメン屋台骨」のライセンスも行っています。

詳しくはこちら https://yataibone.co.jp/license/