老後資金が心配な人や、脱サラをして何かやってみたいと思っている人。「ラーメン屋台骨」のライセンス契約で起業してみませんか?「宮崎県でラーメン屋を起業するのがアツい!」と言える理由をご紹介していきます。

 

  • 起業支援がしっかりしている宮崎県

宮崎県では県庁をはじめ、商工会議所や支援団体など、起業支援が非常に充実しています。そのおかげで宮崎県は、人口10,000人当たりの起業家の数が515人と全国トップ!(創業手帳Web調べ。「平成24年就業構造基本調査(総務省統計局)」より)生活コストや、物件の安さなどを考えても、宮崎県は起業にピッタリの環境が揃っています。

そして宮崎県は、クラウドファンディングで町おこしを画策する「FAAVO」の誕生した地でもあり、何かをやってみたい気持ちを後押しする県民性があります。

  • 成長を続けるラーメン業界

少子高齢化が進み、だんだん厳しさを増している外食産業。そんな中、ラーメン業界は2011年から拡大の一途で今や4,000億円、家庭用まで含めると7,000億円の市場規模になっています。ラーメンはもはや国民食と言っても過言ではなく、市場規模で言うとハンバーガー業界に匹敵します。新規の出店も多く、常に話題性のある業界です。

  • ラーメン業界で起業するならライセンス契約がアツい!

ラーメン業界の特徴のひとつとして「寡占化が進まない」ことがあげられます。ラーメンはスープの種類は、豚骨、しょうゆ、塩、みそ…、麺の種類は、細麺、太麺、ちぢれ麺…と、非常にバラエティに富んでいます。店ごとの特色が出しやすいうえ、食べる人の好みも「豚骨派!」「味噌派!」など分かれており、一つの味を提供する大手チェーンの寡占化が進まない市場です。

 

特色が大事なラーメン業界だからこそ、規則に縛られる大手フランチャイズチェーン店ではなく、顧客のニーズや時代の流れに自由に対応できる個人店が力を発揮します。しかし、個人店は起業までに時間と費用が多くかかるというデメリットがあります。

その意味でも、レシピ提供や仕入れルートの紹介など起業までのサポートは充実している一方で、開業後は縛りが少なく自由に運営できる「ラーメン屋台骨」のようなライセンス契約がラーメン業界には適しているとされます。

(参考サイト)

http://start.miyazaki.jp/