に投稿 コメントを残す

宮崎市が宮崎餃子の購入額で1位に、購入頻度も1位 2020年前半

(画像:UMKテレビ宮崎2020年08月21日放送映像より)

2020年の上半期、宮崎市の宮崎餃子への支出金額と購入頻度が、全国一位だったことが分かりました。

宮崎餃子の街としての定着に関係者は期待を寄せています。

ランキングは、餃子の普及に取り組む「焼き餃子協会」が総務省による家計調査統計から算出したデータを元に発表しています。

2020年1月から6月の宮崎市の餃子への平均支出額は前年から大きく伸び1917円。

100世帯ひと月あたりの平均購入頻度は472回と、いずれも全国1位となりました。

これまでも購入頻度が一位になった年はありましたが、支出金額と合わせて日本一になるのは初めてです。

020年1月~6月の平均支出金額ランキング

1位=宮崎市(1,917円)

2位=宇都宮市(1,886円)

3位=京都市(1,635円)

4位=浜松市(1,522円)

5位=大津市(1,479円)

全国平均=1,083円

同期間の100世帯1月あたりの平均購入頻度

1位=宮崎市(472回)

2位=松江市(434回)

3位=大津市(423回)

4位=大分市(418回)

5位=堺市(418回)

全国平均=351回

宮崎県内の専門店では毎月3日を「餃子の日」としPRを行うなど、各店舗が連携して更なる消費拡大を目指しています。

宮崎餃子は質もよく、コクがあって美味しいながらもリーズナブルなこともあり、地元で親しまれています。

(屋台骨・担当者)「今横のつながりも強くて、色んな方々との交流も強いので意見交換しながら宮崎のレベルを高めて宮崎の消費全体を支える足かかりとなればと思っております。通年での1位を目指して頑張っていきたいです。」

 

年間を通しての結果は2021年2月上旬に発表される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です